ユーフォルビア・グリフィティ [Index] [Back]

Euphorbia griffithii cv. Fireglow

Euphorbia griffithii cv. Fireglow

ブータンやチベット、中国の南西部に分布しています。地下茎で広がり、高さは90センチほどになります。葉は濃緑色で狭長楕円形、赤色の中央脈があり、秋には赤色や黄色に変わります。夏、杯状花序に、鮮やかな赤色や黄色の花を咲かせます。小種名は、イギリスの医者・博物学者それに植物学者であったウィリアム・グリフィスに因みます。写真は、園芸品種の「ファイアーグロー(cv. Fireglow)」。 
トウダイグサ科トウダイグサ属の多年草で、学名は Euphorbia griffithii。英名は Griffith's spurge。 
Griffith's spurge (Euphorbia griffithii) belongs to the Euphorbiaceae (the Spurge family). It is a perennial herb that is native to Bhutan, Tibet and south west China. This herb spreads by rhizomes and it can reach about 90 cm in height. The leaves are dark green, narrow oblong with red central veins, turning red and yellow in fall. The brilliant red and yellow flowers bloom in the cyathia in summer.The species name refers to William Griffith who was a British doctor, naturalist, and botanist. The photos are a cultivar 'Fireglow'. 
イギリス・スコットランド「スカイ島」にて、2016年05月31日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp