ユーフォルビア・ホリダ (魁偉玉) [Index] [Back]

Euphorbia horrida

Euphorbia horrida

南アフリカの南部が原産です。柱状で基部から群生し、高さは75センチ以上、直径10センチほどになります。雌雄異株です。夏に小さな緑色から黄色の杯状花序をつけます。園芸上は「かいいぎょく(魁偉玉・怪偉玉)」と呼ばれます。
トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑多年草で、学名は Euphorbia horrida。英名は African milk barrel。
African milk barrel belongs to Euphorbiaceae (Spurge family). It is an evergreen perennial herb that is native to southern South Africa. This herb is columnar and clumping at the bases. It can reach up to 75 cm in height and 10 cm in diameter. This is dioecious. The small green to yellow cyathia come in summer.
静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、2007年03月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp