ユーフォルビア・ペディラントイデス

Euphorbia pedilanthoides

Euphorbia pedilanthoides

Euphorbia pedilanthoides

マダガスカル島の西部が原産です。高さは1メートルほどになり、細
い茎には托葉が変化した棘の間に、細かい剛毛状の棘毛が生えま
す。葉は線状披針形です。茎の先端にくちばし状の花序をだし、鮮や
かな赤色の花を咲かせます。園芸上は「ソウカキリン(痩花麒麟)」と
呼ばれます。
トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑多年草で、学名は Euphorbia
pedilanthoides。英名はありません。
Euphorbia pedilanthoides belongs to Euphorbiaceae (Spurge family). It is an
evergreen perennial that is native to west Madagascar. This plant can reach
about 1 m in height, with slender stems covered with fine bristly prickles
between stipular spines. Leaves are linear-lanceolate. Bright red flowers are
seen in the beak-like inflorescences on the terminal stems.
名古屋市千種区「東山植物園」にて、2006年12月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp