ユーフォルビア・ポリアカンタ [Index] [Back]

Euphorbia polyacantha

Euphorbia polyacantha

アフリカのエチオピアが原産です。基部でよく分枝して潅木状になり、高さは1〜1.5メートルになります。茎には4〜5稜があり、小さな棘が生えています。枝は直径4センチほど、葉は早落性です。茎頂に黄色い花を咲かせます。園芸上は、「げいすきりん(鯨鬚麒麟)」と呼ばれます。
トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑多年草で、学名は Euphorbia polyacantha。英名はありません。
Euphorbia polyacantha belongs to Euphorbiaceae (Spurge family). It is an evergreen perennial herb that is native to Ethiopia. This herb is much frucated at the base, shrubby and can reach 1-1.5 m in height. The stem has 4-5 angled with small spines and the branches are about 4 cm in diameter. The leaves are caducous (short-lived). The yellow are borne at the stem apices.
アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp