ユーフォルビア・スブマンミラリス [Index] [Back]

Euphorbia submammillaris

Euphorbia submammillaris

南アフリカのケープ地方に分布しています。多肉質で、高さは20センチほどになります。茎は分枝してマット状に広がり、直径50センチ以上になります。また、茎には7〜10個の稜があります。園芸上は「ひめきりん(姫麒麟)」と呼ばれます。
トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑多年草で、学名は Euphorbia submammillaris。英名はありません。
Euphorbia submammillaris belongs to the Euphorbiaceae (the Spurge family). It is an evergreen herb that is native to the Cape province of South Africa. This herb are succulent and can reach about 20 cm in height. The small trunks are furcated and look like a mat, can be over 50 cm in diameter. The stems are 7-10 angled.
韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp