ヨーロッパあかまつ (ヨーロッパ赤松) [Index] [Back]

Pinus sylvestris

Pinus sylvestris

ユーラシア大陸に分布しています。標高の高い山地に生え、高さは45メートルほどになります。樹皮は幹の下部では厚い鱗片状で濃灰褐色、上部の幹や枝では薄くフレーク状でオレンジ色です。葉は線形で、白粉に被われた青緑色です。果実は球果で先端のとがった卵状円錐形、成熟すると長さ3〜7.5センチ、灰緑色から黄褐色になります。 
マツ科マツ属の常緑高木で、学名は Pinus sylvestris。
英名は Scots pine。 
Scots pine (Pinus sylvestris) belongs to the Pinaceae (the Pine family). It is a tall evergreen tree that is native to Eurasia. This tree grows in high-altitude mountains, and it can reach 45 m in height. The bark is thick, scaly dark gray-brown on the lower trunk, and thin, flaky and orange on the upper trunk and branches. The leaves are linear, glaucous blue-green. The fruits are strobiles, which are pointed ovoid-conic, gray-green to yellow-brown at maturity, 3-7.5 cm long. 
イギリス・スコットランド・アビモアにて、2016年06月04日撮影。
(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp