ヨーロッパぐり (ヨーロッパ栗) [Index] [Back]

Castanea sativa

Castanea sativa

ヨーロッパ南部から小アジアが原産で、世界中の温帯地域に広く栽培されています。この木は食用になる種子、古代から料理に利用されてきているチェストナットを生産します。この木は、高さは20〜35メートル、幹の直径はしばしば2メートルになります。樹皮には網目状の模様があります。葉は長楕円状披針形で、長さ16〜28センチ、幅は5〜9センチになります。両性の花は、10〜20センチの直立した尾状花序で、雄花は上部に、雌花は下部につきます。雌花は、3〜7個の褐色の堅果が入るイガのある殻斗になり、10月にはじけます。 
ブナ科クリ属の落葉高木で、学名は Castanea sativa。英名は Sweet chestnut。 
Sweet chestnut (Castanea sativa) belongs to the Fagaceae (the Beech family). It is a tall deciduous tree that is native to southern Europe and Asia Minor, and widely cultivated throughout the temperate world. It produces an edible seed, the chestnut, which has been used in cooking since ancient times. This tree grows to 20-35 m in height with a trunk often 2 m in diameter. The bark often has a retiform (net-shaped) pattern. The leaves are oblong-lanceolate, 16-28 cm long and 5-9 cm broad. The flowers of both sexes are borne in 10-20 cm long, upright catkins, the male flowers in the upper part and female flowers in the lower part. The female flowers develop into spiny cupules containing 3-7 brownish nuts that are shed during October. 
イギリス・リッチモンド・アポン・テムズ「キューガーデン」にて、2018年06月22日撮影。(photo by Jouette Travis) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp