ヨーロッパからまつ (ヨーロッパ落葉松)

Larix decidula

Larix decidula

Larix decidula

Larix decidula

Larix decidula

Larix decidula

Larix decidula

ヨーロッパの中部から北部に分布しています。標高の高い山地に生え、高さは20〜30メートルになります。樹形は狭円錐形で、枝は水平にでます。樹皮は灰色ですが、成木になると褐色に変わり、割れが入ります。線形の葉は長さが2〜3センチあり、短枝に輪生状につきます。また葉は淡緑色で、秋には黄葉します。公園樹や街路樹に植栽されるほか、堅くて重い材は建築用や土木用に利用されます。別名で「おうしゅうからまつ(欧州落葉松)」とも呼ばれます。 
マツ科カラマツ属の落葉高木で、学名は Larix decidula。
英名は European larch。 
European larch (Larix decidula) belongs to the Pinaceae (the Pine family). It is a tall deciduous tree that is native to the central and north Europe. This tree grows in high-altitude mountains, and it can reach 20-30 cm in height. The form of this tree is narrow conical, and the branches spread out almost on the level. The bark is gray, when mature it turns brown and forrowed. The leaves are linear, 2-3 cm long, and arranged whorled atop of short twigs. They are pale green and turn yellow in fall. This tree is usually planted in parks or roadsides. The hard and heavy timber is used for architecture or civil engineering. 
[上・中1〜2] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年02月22日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3〜中5] イギリス・スコットランド・アビモアにて、
2016年06月04日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・スコットランド・ブルーマーにて、
2016年06月05日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp