ヨーロッパぶどう (ヨーロッパ葡萄)

Vitis vinifera

Vitis vinifera

Vitis vinifera

Vitis vinifera

Vitis vinifera

Vitis vinifera

Vitis vinifera

Vitis vinifera

Vitis vinifera

Vitis vinifera

Vitis vinifera

Vitis vinifera

Vitis vinifera

Vitis vinifera

Vitis vinifera

Vitis vinifera

Vitis vinifera

Vitis vinifera

Vitis vinifera cv. Petit Verdot

Vitis vinifera cv. Petit Verdot

Vitis vinifera cv. Petit Verdot

Vitis vinifera cv. Petit Verdot

Vitis vinifera cv. Petit Verdot

中央アジアのアフガニスタンから黒海、カスピ海沿岸が原産です。古くから栽培され、また各地へ伝播されてさまざまな栽培品種が作出されてきました。現在、世界中の「ぶどう」の生産量の90パーセント以上を占めています。わが国での栽培は、平安時代の終わりに発見された「甲州」が始まりです。「甲州」は本種の系統で、中国から渡来したものと推定されています。ふつうに「ぶどう」といえば本種を指します。写真中18〜21・下の品種は、「プチベルドー(Petit Verdot)」。
ブドウ科ブドウ属の落葉蔓性木本で、学名は Vitis vinifera。
英名は European grape、Wine grape。
The European grape (Vitis vinifera) belongs to the Vitaceae (the Grape family). It is a decidouos woody vine that is native to Afghanistan of Central Asia, along the Black Sea and the Caspian Sea. This vine has been cultivated from the ancient days, and introduced into so many places, and breeded many varieties. European grape accounts for over 90 % of the grape production. The Koshu is one of this varieties that was introduce into Japan via China in late of Heian Period (about 800 years ago).
[上・中1] 長野県豊田村穴田にて、2004年05月02日撮影。
[中2・中3] 長野県松本市内田にて、2005年05月21日撮影。
[中4] 長野県小諸市古城区にて、2006年07月09日撮影。
[中5] スイス・ベルン州「バレンベルク屋外博物館」にて、
2009年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6〜中10] アメリカ・オレゴン州シルバーフォールズにて、
2013年06月15日撮影。
[中11] ギリシャ・テッサロニキにて、2014年09月17日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中12] 千葉県香取市大角にて、2015年07月14日撮影。
[中13] 同上にて、2015年08月19日撮影。
[中14] 同上にて、2015年08月31日撮影。
[中15] 同上にて、2016年04月26日撮影。
[中16・中17] 同上にて、2016年05月19日撮影。
[中18〜21・下] 山梨県甲州市勝沼「シャンモリワイナリー」にて、
2015年10月31日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp