ユリオプス・ウィルギネウス

Euryops virgineus cv. Golden Cracker

Euryops virgineus cv. Golden Cracker

ユリオプス属は南アフリカからアラビア半島に100種ほどが分布して
います。ウィルギネウス種は、南アフリカのケープ地方からレソトが原
産です。高さは4メートルくらいになり、濃い緑色の針状の葉が密生し
ます。1月から5月ごろ、枝先に小さな黄色い花を咲かせます。写真
は園芸品種の「ゴールデンクラッカー(E. virgineus cv. Golden
Cracker)」。
キク科ユリオプス属の常緑低木で、学名は Euryops virgineus。
英名は Honey euryops。
静岡県浜松市「浜松市フラワーパーク」にて、2004年02月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp