ヨーロッパしらかば (ヨーロッパ白樺) [Index] [Back]

Betula pubescens

Betula pubescens

ヨーロッパからアジア北部に分布しています。森林に生え、高さは25メートルほどになります。樹皮は白く、黒い斑点があります。葉は円形から卵形で、縁には小さな単鋸歯があり、秋には黄葉します。雌雄同株です。春に花を咲かせます。雄花序は尾状で黄色く、枝の先端から下垂します。一方、雌花序は緑色で、短い小枝に直立します。果実は小さな堅果で尾状の果穂につき、熟すと解れて散ります。
カバノキ科カバノキ属の落葉高木で、学名は Betula pubescens。
英名は White birch。
White birch (Betula pubescens) belongs to Betulaceae (the Birch family). It is a tall deciduous tree that is native to Europe and northen Asia. This tree grows in forests and can reach about 25 m in height. The barks are white with black splotches. The leaves are round to ovate with fine simple toothed edges, and turn yellow in fall. It is monoecious. The drooping, yellow, male inflorescences are borne at the tips of branches, and the upright, green female inflorescences are borne on the short branchlets in spring. The fruits are small nuts in the caudal clusters, and ravel out when mature.
スペイン・バレンシア県プソルにて、2011年03月21日撮影。
(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp