ヤコブぼろぎく (ヤコブ襤褸菊) [Index] [Back]

Senecio jacobaea

Senecio jacobaea

Senecio jacobaea

Senecio jacobaea

ユーラシア大陸の北部が原産ですが、他の場所でもまた雑草として広く分布しています 。乾燥して広々とした場所に生え、高さは30〜200センチになります。茎は真っ直ぐで直立し、毛はわずかあるか無毛です。葉は羽状に分裂し、頂羽片は鈍頭です。6月から11月ごろ、密で平らな花序に、黄色い頭花を咲かせます。本種は多くの異なったアルカロイドを含み、いくつかの動物には有毒となります。和名は「聖ヤコブ祭」(7月25日)の頃に開花する「ぼろぎく」に由来します。 
キク科キオン属の二年草で、学名は Senecio jacobaea (syn. Jacobaea vulgaris)。英名は Common ragwort、Tansy ragwort。 
Common ragwort (Senecio jacobaea) belongs to the asteraceae (the Aster family). It is a biennial herb that is native to northern Eurasia, and has also been widely distributed as a weed elsewhere. This herb grows in dry, open places, and up to a height of 30-200 cm. The stems are erect, straight, have no or few hairs. The leaves are pinnately lobed and the end lobe is blunt. The yellow flower-heads bloom in dense, flat-topped clusters from June to November. Common ragwort contains many different alkaloids, making it poisonous to certain animals. 
イギリス・コーンウォール州「ランズエンド岬」にて、2011年08月21日撮影。(photo Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp