ヨシュアのき (ヨシュアの木) [Index] [Back]

Yucca brevifolia

Yucca brevifolia

アメリカの南西部、モハーベ砂漠が原産です。カリフォルニア州南部からネバダ州、ユタ州それにアリゾナ州に分布しています。乾燥地帯に生え、成長は遅いですが8メートルほどの高さになります。葉は硬く線形で、40センチ以上になります。縁には細かい鋸歯があり、先端は細く尖ります。早春に下垂した円錐花序をだし、緑白色の花を咲かせます。果実は食用になります。
リュウゼツラン科イトラン属の常緑小高木で、学名は Yucca brevifolia。英名は Joshua tree。
Joshua tree belongs to Agavaceae (Agave family). It is an evergreen semi-tall tree that is native to Mojave Desert, southern California, Nevada, Utah and Arizona. It occurs in arid areas, slow growing and can reach about 8 m in height. The leaves are rigid, linear and up to 40 cm long. They have small toothed edges and end in sharp tips. The greenish-white flowers come in the nodding panicles in early spring. The fruits are edible.
アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp