やえやまあおき (八重山青木) [Index] [Back]

Morinda citrifolia

Morinda citrifolia

Morinda citrifolia

Morinda citrifolia

Morinda citrifolia

Morinda citrifolia

Morinda citrifolia

わが国の南西諸島や小笠原諸島、それに台湾や東南アジア、インド、太平洋諸島、オーストラリアに分布しています。沿海地の林縁に生え、高さは1.5〜5メートルになります。葉は楕円形から広卵形で対生し、全縁です。5月から7月ごろ、退化葉のわきに頭状花序をつけ、多くの白色の花を咲かせます。花冠は漏斗形で、先端は4裂します。果実は卵形の集合果で、白色に熟します。
アカネ科ヤエヤマアオキ属の常緑低木で、学名は Morinda citrifolia。英名は Great morinda。
Great morinda (Morinda citrifolia) belongs to Rubiaceae (the Madder family). It is a small evergreen tree that is distributed to the Ryukyu Islands and the Ogasawara Islands of Japan, Taiwan, Southeast Asia, India, the Pacific Islands and Australia. This tree grows on the forest edges along shores and can reach 1.5-5 m in height. The leaves are elliptic to broad ovate, opposite and entire. The many white flowers bloom in the capitulae near degenerate leaves from May to July. The corolla is funnel-shaped and four-lobate tips. The fruits are ovate aggregate and ripen in white.
[上・中1〜3] 群馬県高崎市「高崎市染料植物園」にて、
2008年12月07日撮影。
[中4・中5] 同上にて、2011年12月11日撮影。
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp