やぶつるあずき (藪蔓小豆)

Vigna angularis var. nipponensis

Vigna angularis var. nipponensis

Vigna angularis var. nipponensis

Vigna angularis var. nipponensis

Vigna angularis var. nipponensis

Vigna angularis var. nipponensis

Vigna angularis var. nipponensis

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布しています。山野の草地に生え、蔓を伸ばして広がります。葉は3出複葉で、小葉は狭卵形から卵形、先端が尖り、浅く3裂するものがあります。8月から10月ごろ、黄色い蝶形花を咲かせます。果実は豆果で、長さ4〜9センチの線形です。「あずき」は本種を改良したものといわれています。
マメ科ササゲ属の一年草で、学名は Vigna angularis var. nipponensis。英名はありません。
"Yabu-tsuru-azuki" (Vigna angularis var. nipponensis) belongs to the family Fabaceae (the Pea family). It is an annual herb that is native to Honshu, Shikoku and Kyushu of Japan, as well as the Korean Peninsula and China. This herb grows in grasslands of mountains and fields, and spreads by trailing vines. The leaves are trifoliate. The leaflets are narrow-ovate to ovate with acute tips and sometimes trilobate. The yellow papilionacenous flowers come in August to October. The fruits are seed pods and linear 4-9 cm long. the Azuki bean is said to be made improvements from this spices.
[上・中1〜2] 長野県箕輪町中箕輪「赤そばの里」にて、
2006年09月21日撮影。
[中3・中4] 茨城県神栖市土合北にて、2009年09月06日撮影。
[中5・下] 福島県昭和村「からむしの里」にて、
2012年08月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp