やぶいちげ (藪一華)

<Anemone nemorosa

Anemone nemorosa

Anemone nemorosa

Anemone nemorosa

ヨーロッパの北部から小アジア、アジアの北西部に分布しています。
ブナ林などの落葉樹林の林床に生え、高さは5〜15センチになりま
す。細い地下茎を伸ばして広がります。葉は掌状に深裂し、根生しま
す。3月から6月ごろ、花茎を伸ばして白色から淡いピンク色の花を
咲かせます。
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、学名は Anemone
nemorosa。英名は Wood anemone, Windflower, European thimbleweed。
Wood anemone (Anemone nemorosa) belongs to Ranunculaceae
(Buttercup family). It is a perennial herb that is distributed from northern
Europe to Asia Minor and north-western Asia. The herb occurs in montane
beech forests and can reach 5-15 cm in height. It spreads by elongated
slender rhizomes. The leaves are basal and deeply lobed palmately. The
flower stalks are borne and bloom white to pale pink flowers from March
to June.
[上・中1] 千葉県香取市大角にて、2008年04月16日撮影。
[中2・下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年04月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp