やぶむらさき (藪紫)

Callicarpa mollis

Callicarpa mollis

Callicarpa mollis

Callicarpa mollis

Callicarpa mollis

Callicarpa mollis

Callicarpa mollis

わが国の本州、宮城県以南から四国・九州、それに朝鮮半島に分布
しています。山地の明るい林内に生え、高さは2〜3メートルになりま
す。茎や葉、花序などに星状毛が多いのが特徴です。広卵形または
卵状楕円形の葉は薄い洋紙質で対生します。6月から7月ごろ、葉
腋に短い集散花序をだして、淡い紫色の花を咲かせます。秋に果実
は紫色に熟します。「むらさきしきぶ」とは、星状毛が多く、花序がや
や下向きにつくことで区別できます。
クマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木で、学名は Callicarpa
mollis。英名はありません。
'Yabu-murasaki' (Callicarpa mollis) belongs to Verbenaceae (Verbena
family). It is a deciduous small tree that is distributed southward from
Miyagi prefecture to Shikoku, Kyushu of Japan and Korean Peninsula. This
tree occurs in open forests of mountains and can reach 2-3 m in height. It is
defined by numerous stellate hairs on stems, leaves and inflorescenses. The
leaves are broad ovate to ovate-elliptic, thin foreign paper quality and
opposite. The short cymes are borne in axiles and bloom pale purple
flowers from June to July. The fruits ripen purple in fall. It is diferrent from
Japanese beautyberry (C. japonica) in that has numerous stellate hairs and
downward inflorescenses.
[上・中1・下] 岐阜県恵那市大井にて、2007年06月07日撮影。
[中2・中3] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年05月29日撮影。
[中5] 同上にて、2006年01月12日撮影。
[中4] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年12月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp