やぶにっけい (藪肉桂)

Cinnamomum japonicum

Cinnamomum japonicum

Cinnamomum japonicum

Cinnamomum japonicum

Cinnamomum japonicum

Cinnamomum japonicum

Cinnamomum japonicum

わが国の本州、福島県以西から四国・九州、沖縄それに済州島と中国に分布しています。山地に生え、高さは15〜20メートルになります。長楕円形の葉は革質で光沢があり、互生します。葉の三脈が目立ちます。6月から7月ごろ、散形花序をだして淡黄色の花を咲かせます。葉にはさわやかな香りがあり、薬用にされます。写真中4〜5・下は、「ニッケイトガリキジラミ」が作る「ニッケイハミャクイボフシ」という虫えい。 
クスノキ科ニッケイ属の常緑高木で、学名は Cinnamomum japonicum。英名は Wild cinnamon。 
Wild cinnamon (Cinnamomum japonicum) belongs to the Lauraceae (the Laurel family). It is a tall evergreen tree that is distributed westward from Fukushima prefecture of Honshu to Shikoku, Kyushu and Okinawa, as well as the Jeju-do (southern Korea) and China. This tree grows in mountains and it can reach about 15-20 m in height. The leaves are oblong, leathery, glossy, alternate and have prominent 3 veins. The leaves have freshy fragrance and are used for medicine. 
[上・中3] 静岡県南伊豆町湊にて、2007年02月16日撮影。
[中1・中2] 大阪府四条畷市「むろいけ園地」にて、
2002年06月15日撮影。
[中4〜5・下] 千葉県香取市大角にて、2015年03月25日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp