やぶれがさ (破れ傘)

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

Syneilesis palmata

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島に分布しています。山野の林下などに生え、高さは50〜100センチになります。葉は掌状に7〜9深裂します。7月から8月ごろ、花茎を伸ばして円錐花序に白色または淡紅色の頭花を咲かせます。名前は、若葉のころの姿が「破れ傘」に似ているところから。新芽は山菜として利用されます。
キク科ヤブレガサ属の多年草で、学名は Syneilesis palmata。
英名はありません。
The "Yabure-gasa" (Syneilesis palmata) belongs to the family Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to Honshu, Shikoku and Kyushu, as well as the Korean Peninsula. This herb grows in woods, forests and can reach 50-100 cm in height. The leaves are divided into palmetly 7-9 lobes. The panicles are borne on the flower stalks and bloom white to pale rose-pink flowers from July to August. The Japanese name "Yabure-gasa" (Broken umbrella) is derived from browse-shape. The young shoots are used as a wild vegetable in Japan.
[上・中1〜2] 群馬県沼田市利根町多那にて、
2010年06月27日撮影。
[中3] 栃木県藤岡町「三毳山公園」にて、2008年03月29日撮影。
[中4・中5] 岐阜県中津川市「まごめ自然植物園」にて、
2007年04月12日撮影。
[中6] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年06月24日撮影。
[中7] 同上にて、2004年07月05日撮影。
[中8・中9] 三重県松阪市「波瀬植物園」にて、
2012年07月09日撮影。
[中10・中11] 静岡県御殿場市印野「清宏園」にて、
2013年05月26日撮影。
[中12〜中15] 福島県矢祭町茗荷「八溝山」にて、
2013年10月12日撮影。
[中16・中17] 福島県川俣町飯坂「花塚山」にて、
2014年05月17日撮影。
[中18・中19] 山梨県甲州市大和町「大蔵高丸」にて、
2014年05月24日撮影。
[中20・中21] 福島市土湯温泉町「家形山」にて、
2014年06月01日撮影。
[中22・下] 福島県下郷町野際新田「三本槍岳」にて、
2014年08月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp