やぶさんざし (藪山査子)

Ribes fasciculatum

Ribes fasciculatum

Ribes fasciculatum

Ribes fasciculatum

Ribes fasciculatum

わが国の本州、中部地方以西から四国、九州それに朝鮮半島や中
国に分布しています。明るい林や林縁などに生え、高さは1〜1.5メ
ートルになります。葉は掌状に3〜5裂し、互生します。4月から5月
ごろ、枝先に小さな緑色の花を束状に咲かせます。果実は秋に赤く
熟し、渋みと酸味が強いので果実酒などに使われます。
スグリ科スグリ属の落葉低木で、学名は Ribes fasciculatum。
英名はありません。
"Yabu-sanzashi" (Ribes fasciculatum) belongs to Grossulariaceae (the
Gooseberry family). It is a small deciduous tree that is distributed westward
from Chubu district of Honshu to Shikoku, Kyushu of Japan, the Korean
Peninsula and China. This tree grows in open woods and forest edges, and
can reach 1-1.5 m in height. The leaves are alternate and divided into 3-5
lobes palmately. The small green flowers bloom in the terminal clusters
from April to May. The fruits ripen in red in fall. They have astringent taste
and strong acid, and provide the raw material for fruit wine.
[上・中1] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2009年04月25日撮影。
[中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年04月09日撮影。
[中3・下] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年11月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp