やぶたばこ (藪煙草)

Carpesium abrotanoides

Carpesium abrotanoides

Carpesium abrotanoides

Carpesium abrotanoides

Carpesium abrotanoides

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、ヒマラヤに分布しています。林内や林縁に生え、高さは60〜90センチになります。茎は途中で成長がとまり、そこから分枝して広がります。9月から10月ごろ、上部の葉腋に黄色い花を下向きに咲かせます。頭花の基部には緑色の総苞片があり、一部は葉状になります。春の若葉は食用にされます。名前は、葉が「たばこ」に似ていて藪に生えることから。 
キク科ガンクビソウ属の多年草で、学名は Carpesium abrotanoides。
名はありません。 
"Yabu-tabako" (Carpesium abrotanoides) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native across Japan, as well as the Korean Peninsula, China and around the Hymalayas. This herb grows in forests and forest edges, and it can reach 60-90 cm in height. The stem stagnates in the precess of growth and branched in four directions. The yellow flower-heads bloom discending at the upper axils from September to October. The flower-head has green bracts at the base; partly leafy bracts. The young leaves are edible. 
[上・中1] 大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、
2005年09月30日撮影。
[中2〜3・下] 福島県矢祭町茗荷「八溝山」にて、
2013年10月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp