やなぎばちょうじそう (柳葉丁字草)

Amsonia tabernaemontana

Amsonia tabernaemontana

Amsonia tabernaemontana

Amsonia tabernaemontana

Amsonia tabernaemontana

Amsonia tabernaemontana

Amsonia tabernaemontana

アメリカの東部から中南部に分布しています。湿った林内や河岸に生え、高さは30〜90センチになります。葉は披針形から楕円形で短い柄があり、互生します。4月から7月ごろ、茎の先に集散状の花序をだし、淡青紫色の筒状花を咲かせます。花冠の先は5裂します。全草にアルカロイドが含まれていて有毒です。 
キョウチクトウ科チョウジソウ属の多年草で、学名は Amsonia tabernaemontana。英名は Blue dogbane、Eastern bluestar、Texas bluestar。 
Blue dogbane (Amsonia tabernaemontana) belongs to the Apocynaceae (the Dogbane family). It is a perennial herb that is native to the eastern and central-southern United States. This herb grows in moist or wet woods, streambanks and it can reach 30-90 cm in height. The leaves are lanceolate to elliptic, short-stalked and alternate. The pale sky blue tubular flowers come in the cymose clusters from April to July. The corolla is divided into star-shaped. The herb contains alkaloids, therefore it is toxic. 
[上・中1・中5] アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハード
ミュージアム」にて、2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年05月16日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・オハイオ州「コクス樹木園」にて、
2016年05月22日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp