ヤーコン [Index] [Back]

Polymnia sonchifolia

Polymnia sonchifolia

Polymnia sonchifolia

Polymnia sonchifolia

アンデス地方、コロンビアからアルゼンチン北部、ペルー、エクアドルが原産です。暖地の渓谷に生え、高さは1.8メートル以上になります。葉は大きな卵形で、葉柄には翼があります。晩秋に、直径2.5センチほどの黄色い頭花を咲かせます。塊茎は甘くてジューシー、シャリシャリとした食感があり、食用にされます。わが国へ渡来したのは1985年です。
キク科ポリムニア属の多年草で、学名は Polymnia sonchifolia。
英名は Yacon。
Yacon belongs to Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to the Andes from Columbia and northern Argentina to Peru and Equador. This herb grows in warm-temperate valleys and can reach up to 1.8 m in height. The leaves are large ovate and opposite with winged petioles. The little yellow flowerheads about 2.5 cm across come in late fall. The tubers are sweet, juicy and crispy and used for food. It was introduced into Japan in 1985.
[上・中1] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2008年10月18日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年05月24日撮影。
[下] 同上にて、2007年05月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp