やえやまじゅうにひとえ (八重山十二単) [Index] [Back]

Ajuga taiwanensis

Ajuga taiwanensis

Ajuga taiwanensis

わが国の八重山列島から台湾、中国南部、フィリピンに分布しています。日当たりの良い林縁や道端に生え、高さは5〜15センチになります。葉は対生し、倒卵状長楕円形から倒披針形で、葉柄と縁には波状の鋸歯があります。2月から5月ごろ、葉腋の花序に1から数個の淡紅色またはやや白色の花を咲かせます。
シソ科キランソウ属の多年草で、学名は Ajuga taiwanensis。
英名はありません。
"Yaeyama-Juni-hitoe" (Ajuga taiwanensis) belongs to the family Lamiaceae (the Mint family). It is a perennial herb that is native from the Yaeyama Islands to Taiwan, southern China and the Philippines. This herb grows in sunny forest edges and roadsides, and reaching 5-15 cm in height. The leaves are opposite, obovate-oblong to oblanceolate, with petioles and wavy toothed edges. The one to several, pale pink or whitish flowers bloom in axillary clusters from February to May.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2013年01月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp