やえむぐら (八重葎)

Galium spurium var. echinospermon

Galium spurium var. echinospermon

Galium spurium var. echinospermon

Galium spurium var. echinospermon

Galium spurium var. echinospermon

わが国の各地をはじめ、北アジアやヨーロッパ、北アメリカに分布しています。林縁や道ばたなどに生え、他の植物などに絡みついて1〜1.5メートルの高さになります。葉は広線形または狭倒披針形で、輪生します。茎や葉、果実には細かい棘が密生して生え、衣服や毛に付着します。4月から5月ごろ、葉腋や茎頂から花茎をだして、黄緑色の小さな花を咲かせます。名前は、葉が幾重にも折り重なって生えるところから。
アカネ科ヤエムグラ属の一年草で、学名は Galium spurium var. echinospermon (syn. Galium aparine)。英名は Catchweed、Stickywilly。
Catchweed belongs to Rubiaceae (the Madder family). It is an annual herb that is distributed throughout Japan, northern Asia to Europe and North America. This herb grows in woodland margines or roadsides and climbs up adjacent plants, can reach 1-1.5 m in height. The leaves are broad linear to narrow oblanceolate and whorled. The stems, leaves and fruits are covered with fine stickers, and adhere to clothes or hairs. The flower stalks are borne in axiles or stem apices and bloom small yellowish green flowers in April to May.
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2004年05月15日撮影。
[中1・中2] アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」
にて、2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・下] 千葉県香取市仁良にて、2012年04月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp