やえさんゆうか (八重三友花)

Tabernaemontana divaricata cv. Flore Pleno

Tabernaemontana divaricata cv. Flore Pleno

Tabernaemontana divaricata cv. Flore Pleno

Tabernaemontana divaricata cv. Flore Pleno

Tabernaemontana divaricata cv. Flore Pleno

Tabernaemontana divaricata cv. Flore Pleno

Tabernaemontana divaricata cv. Flore Pleno

インドが原産の「さんゆうか」の園芸品種です。高さは1〜3メートル
なり、広い倒卵形の葉は全縁、革質で対生します。外観は「くちなし
(梔)」に似ています。ほぼ周年、葉腋または茎の先に八重の白い花
を咲かせます。夜から明け方にかけて、良い香りを漂わせます。
キョウチクトウ科サンユウカ属の常緑低木で、学名は
Tabernaemontana divaricata cv. Flore Pleno。英名は Crape jasmine。
Crape jasmine belongs to the Apocynaceae (the Dogbane family). It is a
small evergreen tree that is a double-flowered cultivar of Indian Crape
jasmine. This tree can reach 1-3 m in height. The leaves are broad
obovate, entire, leathery and opposite. The flower looks like Gardenia. The
white double flowers come in the axiles or terminal branches all year long.
This flower diffuses an aroma from night to dawn.
[上] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] 同上にて、2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1・中2] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2005年06月10日撮影。
[中4] ベトナム・ハノイ市にて、2008年05月21日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中5・下] 茨城県石岡市「茨城県フラワーパーク」にて、
2011年05月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp