やぐるまぎく (矢車菊)

Centaurea cyanus

Centaurea cyanus

Centaurea cyanus

Centaurea cyanus

Centaurea cyanus

Centaurea cyanus

Centaurea cyanus

Centaurea cyanus

Centaurea cyanus

Centaurea cyanus

Centaurea cyanus

Centaurea cyanus

Centaurea cyanus

Centaurea cyanus

ヨーロッパの東南部から西アジアが原産です。道端や畑などに生え、高さは30〜90センチになります。茎や葉の裏面は、白色の綿毛に被われます。葉は長披針形です。わが国には明治の初めに渡来しました。名前は鯉のぼりの柱につける矢車に似ていることから。別名で「やぐるまそう(矢車草)」とも呼ばれます。春から夏にかけて、青色の頭花を咲かせます。鮮紅色やピンク色、藍色、白色など多彩な園芸品種があります。
キク科ヤグルマギク属の二年草で、学名は Centaurea cyanus。
英名は Cornflower。
Cornflower (Centaurea cyanus) belongs to the family Asteraceae (Aster family). It is a biennial herb that is native to southeastern Europe and West Asia. This herb grows in roadsides or dry fields and can reach 30-90 cm in height. The stems and abaxial sides of leaves are covered with woolly white hairs. The leaves are long-lanceolate. It was introduced into Japan in the early Meiji Era (about 140 years ago). The blue flower heads appear from spring to summer. There are many flower-colored cultivars; rose-pink, pink, dark indigo blue or white.
[上・中1] 茨城県神栖市太田にて、2009年05月04日撮影。
[中2・中3] 群馬県吉井町多比良にて、2008年03月30日撮影。
[中4] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年05月03日撮影。
[中5] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6] 千葉県香取市大角にて、2011年05月09日撮影。
[中7・中8] 同上にて、2010年06月09日撮影。
[中9〜中11] 同上にて、2012年06月25日撮影。
[中12・下] アメリカ・ワシントン州「キャサリンクリーク」にて、
2013年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp