やぐるまそう (矢車草)

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

Rodgersia podophylla

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島に分布しています。深い山地のやや湿り気のある林床などに生え、高さは1メートルほどになります。葉は掌状複葉で倒卵形の5個の小葉があり、長柄で根生します。名前は、この葉のかたちが鯉のぼりの矢車に似ていることから。6月から7月ごろ、円錐花序をだし、淡い緑白色の花を咲かせます。萼が花弁のように見えます。戦争中は、葉を煙草の代用に使ったこともあるそうです。
ユキノシタ科ヤグルマソウ属の多年草で、学名は Rodgersia podophylla。英名はありません。
The "Yaguruma-so" (Rodgersia podophylla) belongs to the Saxifragaceae (the Saxifrage family). It is a perennial herb that is native to throughout Japan, as well as the Korean Peninsula. This herb grows in wettish forests of deep mountains, and can reach about 1 m in height. The leaves are palmate compound with five obovate leaflets, having long petioles and basal. The panicles are borne, and the pale greenish-white flowers bloom June to July. The calyx lobes resemble to petals. The leaves occasionally were used as a substitute for tobacco during the World War Two in Japan.
[上・中1〜2] 福島県北塩原村「雄子沢川」にて、
2009年06月27日撮影。
[中3] 長野県山ノ内町一瀬「志賀高原」にて、2004年07月04日撮影。
[中4] 長野県木島平村「カヤノ平」にて、2004年07月04日撮影。
[中5・中6] 群馬県片品村東小川にて、2010年06月27日撮影。
[中7] 長野県山ノ内町発哺温泉にて、2003年06月15日撮影。
[中8〜中10] 福島県磐梯町「磐梯山」にて、2012年06月23日撮影。
[中11・中12] 静岡県御殿場市印野「清宏園」にて、
2013年05月26日撮影。
[中13・中14] 福島県川俣町飯坂「花塚山」にて、
2014年05月17日撮影。
[中15・中16] 福島市土湯温泉町「家形山」にて、
2014年07月05日撮影。
[中17〜中20] 秋田県東成瀬村にて、2015年06月21日撮影。
[中21〜中24] 群馬県片品村「鳩待峠」にて、
2015年07月05日撮影。
[下] 宮城県仙台市「泉ヶ岳」にて、2016年06月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp