やまぐわ (山桑)

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

Morus bombycis

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、ヒマラヤにまで広く分布しています。ただ単に「くわ(桑)」とも呼ばれ、飛鳥時代以前に始まった養蚕の餌として利用されてきました。雌雄同株または雌雄異株で、4月から5月ごろ、新枝の葉腋に花序をつけます。花弁はありません。果実は集合果で、6月から7月ごろ赤色から黒紫色に熟して食用になります。名前は、カイコ(蚕)の食葉(くば)または蚕葉(こば)から転じたものです。 
クワ科クワ属の落葉小高木で、学名は Morus bombycis。
英名は Kuwa、Yama-guwa。 
"Yama-guwa" (Morus bombycis) belongs to the Moraceae (the Mulberry family). It is a semi-tall deciduous tree that is distributed widely from Japan to the Korean Peninsula, China and the Himalaya. This leaves have been used as a feed for silkworms before Asuka Era (about 1400 years ago). It is monoecious or dioecious. The flowering clusters are borne on the axiles from April to May. The flowers are non-petaled. The fruits are aggregate and ripen in red to black from June to July. 
[上・中1] 長野県松本市内田にて、2006年06月02日撮影。
[中2] 岐阜県御嵩町古屋敷にて、2005年05月01日撮影。
[中3・中7] 茨城県神栖市高浜にて、2008年05月08日撮影。
[中4] 茨城県神栖市日川にて、2008年05月21日撮影。
[中5] 千葉県旭市桜井にて、2009年05月20日撮影。
[中6] 秋田県藤里町太良「駒ヶ岳」にて、2005年07月17日撮影。
[中8] 山形県小国町小玉川「温身平」にて、2008年07月12日撮影。
[中9・中10] 群馬県高崎市箕郷町にて、2010年05月16日撮影。
[中11〜中14] 千葉県香取市大角にて、2011年04月25日撮影。
[中15] 千葉県香取市田部にて、2013年03月15日撮影。
[中16・中17] 同上にて、2013年05月21日撮影。
[中18] 千葉県香取市仁良にて、2013年03月31日撮影。
[中19〜中21] 宮城県大崎市「地獄谷遊歩道」にて、
2015年06月07日撮影。
[中22] 同上にて、2015年06月07日撮影。(photo by Aya Seko)
[中23〜25・下] 福島県須賀川市勢至堂にて、
2016年09月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp