やまははこ (山母子)

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

Anaphalis margaritacea var. angustior

わが国の本州、中部地方以北から北海道、それに中国やヒマラヤ、北アメリカに分布しています。山地から亜高山の日当たりがよくて、やや乾燥気味の礫地に生えます。名前は「ははこぐさ」に似ていることから。茎は直立して30〜60センチほどになり、線形の葉は互生します。葉の裏には白色の綿毛が密生しています。7月から9月ごろに咲きますが、白い花弁のように見えるのは総苞片が変化したもので、ほんとうの花は中心の淡黄色の管状花です。
キク科ヤマハハコ属の多年草で、学名は Anaphalis margaritacea var. angustior。英名は Pearly everlasting。
The Pearly everlasting (Anaphalis margaritacea var. angustior) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido of Japan, as well as China, the Himalaya and North America. This herb grows in montane to sub-alpine sunny aridish screes and can reach 30-60 cm in height. The stem is erect and the linear leaves are alternate. The abaxial sides of leaves are covered with white wooly hairs densely. The white flower heads come in July through September. The bracts are white and petal-like. The true flowers are pale yellow tubular flowers at the center of heads.
[上・中1] 岐阜県中津川市「神坂峠」にて、2007年09月06日撮影。
[中2] 秋田県由利本庄市矢島町にて、2005年07月18日撮影。
[中3] 富山県宇奈月町黒部「鹿島槍ヶ岳」にて、
2002年07月21日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中4] 福島県磐梯町「磐梯山」にて、2012年06月23日撮影。
[中5・中6] 福島県昭和村「駒止高原」にて、2012年08月26日撮影。
[中7・中8] アメリカ・オレゴン州「マルトノマ滝」にて、
2013年06月17日撮影。
[中9・中10] 福島県檜枝岐村「沼山峠」にて、
2013年08月25日撮影。
[中11〜中18] 福島県二本松市「安達太良山」にて、
2014年09月06日撮影。
[中19・中20] 福島県北塩原村「グランデコ」にて、
2014年09月07日撮影。
[中21・中29] 長野県長和町「美ヶ原高原」にて、
2015年08月01日撮影。(photo by Aya Seko)
[中22〜中26] 福島市土湯温泉町「吾妻小富士」にて、
2015年08月22日撮影。
[中27・中28] 宮城県蔵王町「熊野岳」にて、2015年09月05日撮影。
[中30・中31] 長野県白馬村「唐松岳」にて、2016年07月31日撮影。
[中32・下] 宮城県川崎町「トンガリ山」にて、2016年10月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp

ALT="">