やまはぜ (山黄櫨)

Rhus sylvestris

Rhus sylvestris

Rhus sylvestris

Rhus sylvestris

わが国の本州、東海地方以西から四国・九州それに台湾や朝鮮半
島、中国に分布しています。丘陵の林縁などに生え、高さは5〜6メ
ートルになります。葉は奇数羽状複葉で、卵形の小葉が5〜15個つ
きます。「はぜのき」に似ていますが、葉脈上や葉軸に粗毛が生える
のが特徴です。5月から6月ごろ、黄緑色の地味な花を咲かせます。
果実は扁平で無毛です。
ウルシ科ウルシ属の落葉小高木で、学名は Rhus sylvestris。
英名はありません。
"Yama-haze" (Rhus sylvestris) belongs to the Anacardiaceae (the Sumac
family). It is a semi-tall deciduous tree that is distributed westward from
Tokai district of Honshu to Shokoku, Kyushu of Japan, also Taiwan, the
Korean Peninsula and China. This tree grows in hill forest edges and can
reach 5-6 m in height. The leaves are odd-pinnate compound with 5-15
ovate leaflets. It resembles to the Wax tree (Rhus succedanea), though it is
defined by the rough hairs on veins and rachis. The yellowish green,
conservative flowers bloom from May to June. The fruits are flat and
glabrous.
[上・中1] 群馬県高崎市「高崎市染料植物園」にて、
2010年05月16日撮影。
[中2・下] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、
2002年05月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp