やはずそう (矢筈草)

Kummerowia striata

Kummerowia striata

Kummerowia striata

Kummerowia striata

Kummerowia striata

Kummerowia striata

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、台湾に分布しています。
道ばたなどにふつうに生え、高さは15〜40センチになります。葉は
3出複葉で、小葉は長楕円形です。斜めに側脈がならび、先を引っ
張ると矢筈のようなかたちになります。矢筈(やはず)とは矢の羽に
似た模様のこと。8月から10月ごろ、葉腋に淡い紅紫色の花を咲か
せます。ツバメシジミやモンキチョウなどの食草です。
マメ科ヤハズソウ属の多年草で、学名は Kummerowia striata。
英名は Common lespedeza。
Common lespedeza belongs to Fabaceae (Pea family). It is a perennial herb
that is native to all over Japan, Korean Peninsula, China and Taiwan. This
herb occurs in fields and roadsides, and can reach 15-40 cm in height. The
leaves are trifoliate with oblong leaflets. They have oblique latera veins. The
pale magenta flowers come on the axiles from August to October. It is a
foodplant for Short-tailed blue (Everes argiades) and Eastern pale clouded
yellow (Colias erate poliographus).
[上・中1〜2] 岐阜県中津川市神坂にて、2007年09月06日撮影。
[中3] 新潟県糸魚川市能生「能生海洋公園」にて、
2005年08月30日撮影。
[中4・下] 長野県白馬村北城「和田野の森」にて、
2006年08月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp