やなぎばひまわり (柳葉向日葵) [Index] [Back]

Helianthus salicifolius

Helianthus salicifolius

Helianthus salicifolius

Helianthus salicifolius

アメリカの中西部、ウィスコンシン州からテキサス州に分布しています。石灰岩質の大平原や道ばたなどに生え、高さは0.9〜1.8メートルになります。よく這う地下茎によって広がり、密な群生を形成します。葉は狭く柳葉に似て、淡い緑色をしています。9月から10月ごろ、中心部が濃褐色で、直径5〜7.5センチの鮮黄色の頭花を咲かせます。
キク科ヒマワリ属の多年草で、学名は Helianthus salicifolius。
英名は Willow-leaf sunflower, Willow-leaved sunflower。
Willow-leaf sunflower (Helianthus salicifolius) belongs to Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to Midwest USA from Wisconsin to Texas. This herb grows in limestone prairies and roadsides, and can reach 0.9-1.8 m in height. It spreads to form dense colonies by it's creeping rhizomes. The leaves are narrow, willow-like, and pale green. The 5-7.5 cm wide bright yellow flower-heads with dark brown centers bloom from September to October.
新潟県十日町市松之山「エデンの花園」にて、
2008年10月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp