やつがたけきんぽうげ (八ヶ岳金鳳花)

Ranunculus yatsugatakensis

Ranunculus yatsugatakensis

Ranunculus yatsugatakensis

Ranunculus yatsugatakensis

わが国の固有種で、本州の八ヶ岳に分布しています。高山帯の湿っ
た岩場に生え、高さは5〜20センチになります。根生葉は腎円形で
3深裂し、さらに2〜4中裂します。また茎葉は細裂します。7月から8
月ごろ、茎の先に黄色い花を1個だけ咲かせます。
キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で、学名は Ranunculus
yatsugatakensis。英名はありません。
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年04月25日撮影。
[中1〜2・下] 長野県茅野市北山「麦草ヒュッテ」にて、
2006年07月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp