やまこうばし (山香ばし)

Lindera glauca

Lindera glauca

Lindera glauca

Lindera glauca

Lindera glauca

Lindera glauca

Lindera glauca

Lindera glauca

Lindera glauca

Lindera glauca

Lindera glauca

わが国の本州、宮城・山形県以西から四国、九州に分布しています。山地に生え、高さは3〜5メートルになります。樹皮は灰茶色で滑らかです。卵状楕円形の葉は、やや厚く互生します。葉や枝には、「しょうぶ(菖蒲)」に似た香りがあります。雌雄異株で、4月ごろ散形花序をつけて、淡黄緑色の花を咲かせます。秋に黄褐色に黄葉しますが、ほとんどが落葉しないで冬のあいだ中残っています。
クスノキ科クロモジ属の落葉低木で、学名は Lindera glauca。
英名はありません。
"Yama-koubashi" (Lindera glauca) belongs to the family Lauraceae (the Laurel family). It is a small deciduous tree that is native southward from Miyagi-Yamagata prefecture of Honshu to Shikoku and Kyushu. This tree grows in mountains and can reach 3-5 m in height. The barks are grayish brown and smooth. The leaves are ovate-elliptic, thichish and alternate. The leaves are branches have a flavor of Sweet flag. This tree is dioecious. The umbels are borne and bloom pale yellowish green in April. They turn yellowish brown in fall, though most of them remain on the branches through the winter.
[上・中1・中5] 奈良市川上町「若草山」にて、2006年04月22日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市逢阪「むろいけ園地」にて、
2006年04月16日撮影。
[中3] 同上にて、2006年07月15日撮影。
[中4] 同上にて、2002年11月13日撮影。
[中6] 同上にて、2012年05月30日撮影。
[中7・中8] 三重県松阪市飯高町木梶にて、
2012年07月09日撮影。
[中9・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2013年01月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp