やくしまだけ (屋久島竹)

Pseudosasa owatarii

Pseudosasa owatarii

わが国の九州、屋久島の固有種です。標高500〜1900メートルに
生え、草原帯を形成しています。桿は直径が2〜5ミリ、高さは40〜
100センチになります。桿の上部でよく分枝して、節からは1個の枝
がでます。節はほとんど膨らみません。葉は両面とも無毛です。別名
で「ヤクザサ(屋久笹)」とも呼ばれます。
イネ科ヤダケ属の常緑タケ類で、学名は Pseudosasa owatarii。
英名はありません。
京都市西京区「洛西竹林公園」にて、2006年02月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp