やくしまさるすべり (屋久島百日紅)

Lagerstroemia subcostata var. fauriei

Lagerstroemia subcostata var. fauriei

Lagerstroemia subcostata var. fauriei

Lagerstroemia subcostata var. fauriei

わが国の固有種で、屋久島と種子島にだけ分布しています。「シマサ
ルスベリ」の変種で、高さは10メートルほどになります。葉は卵状楕
円形で先端が尖り、葉柄があります。枝や花序に毛が生えていない
のが特徴です。7月から8月ごろ、枝先の円錐花序に白い花を咲か
せます。
ミソハギ科サルスベリ属の落葉高木で、Lagerstroemia subcostata var.
fauriei。英名はありません。
[上・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年07月22日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2004年07月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp