やまぼうし (山法師)

Cornus kousa

Cornus kousa

Cornus kousa

Cornus kousa

Cornus kousa

Cornus kousa

Cornus kousa

Cornus kousa

Cornus kousa

Cornus kousa

Cornus kousa

Cornus kousa

Cornus kousa

Cornus kousa

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布しています。山地や丘陵のやや湿ったところに生え、高さは10〜15メートルになります。5月から6月ごろ、真っ白な花を咲かせます。この花弁のように見えるのは総苞片で、花はその中心に20〜30個、球状についています。秋には果実が赤く熟して食用となり、材は農具の柄や器具材に利用されます。
ミズキ科ヤマボウシ属の落葉高木で、学名は Cornus kousa。
英名は Japanese dogwood。
Japanese dogwood (Cornus kousa) belongs to the Cornaceae (the Dogwood family). It is a tall deciduous tree that is distributed from Honshu to Shikoku, Kyushu of Japan, as well as the Korean Peninsula and China. This tree grows in waste places of mountains or hillsides and can reach 10-15 m in height. The pure white flowers come in May to June. The involucral scales look like petals, and the 20-30 true flowers are arranged spherical at the center. The fruits ripen red in fall and edible. The woods are used as helve of farm equipment or furniture.
[上] 岐阜県中津川市蛭川にて、2007年06月07日撮影。
[中1] 大阪府枚方市「ひらかたパーク」にて、2007年05月24日撮影。
[中2・中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2004年05月15日撮影。
[中4] 滋賀県多賀町霊仙「霊仙山」にて、2005年09月09日撮影。
[中5〜中7] 群馬県中之条町「薬王園」にて、
2011年10月02日撮影。
[中8〜中10] 福島県二本松市「日山」にて、2014年06月21日撮影。
[中11〜12・下] 茨城県大子町「袋田の滝」にて、
2015年08月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp