やまがき (山柿)

Diospyros kaki var. sylvestris

Diospyros kaki var. sylvestris

Diospyros kaki var. sylvestris

Diospyros kaki var. sylvestris

Diospyros kaki var. sylvestris

Diospyros kaki var. sylvestris

わが国の本州、中部地方以西から四国、九州それに済州島や中国に分布しています。山地に生え、高さは5〜10メートルほどになります。葉は広楕円形から倒卵形で、先端が尖ります。6月、葉腋に黄緑色の花を咲かせます。雌雄同株です。果実は球形または卵形で、黄赤色に熟します。未熟の果実からは渋(しぶ)が採れます。 
カキノキ科カキノキ属の落葉高木で、学名は Diospyros kaki var. sylvestris。英名はありません。 
"Yama-gaki" (Diospyros kaki var. sylvestris) belongs to the Ebenaceae (the Ebony family). It is a tall deciduous tree that is distributed westward from Chubu district of Honshu to Shikoku and Ktushu of Japan, the Jeju-do (southern Korea) and China. This tree grows in mountains and it can reach 5-10 m in height. The leaves are oblong to obovate with acute tips. The yellowish green flowers come on the axiles in June. It is monoecious. The fruits are globe or ovate, and ripen in yellowish red. The persimmon tannin is obtained from underripe fruit 
[上] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年11月01日撮影。
[中1] 静岡県浜松市都田町にて、2005年11月19日撮影。
[中2] 静岡県浜松市引佐町川名にて、2005年11月19日撮影。
[中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年12月01日撮影。
[中4・下] 茨城県桜川市「筑波山」にて、2014年08月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp