ヤマカルちゅう (ヤマカル柱)

Cereus jamacaru

Cereus jamacaru

Cereus jamacaru

Cereus jamacaru

ブラジルが原産です。茎の直径は60センチ、高さは18メートル以上
になります。4〜6稜があり、黄色から黄褐色の棘が生えます。茎の
横から長さ30センチ以上もある花を夜に咲かせますが、花弁の外
側は緑色で内側が白色です。果実は液果で、長さが12センチほど
あり、朱色から鮮赤色に熟して食用になります。
サボテン科ケレウス属の柱サボテンで、学名は Cereus jamacaru。
英名は Mandacaru。
Mandacaru belongs to Cactaceae (Cactus family). It is a perennial cactus
that is native to Brazil. Stems are about 60 cm in diameter and can reach up
to 18 m in height. They have 4-6 ribs, with yellow to yellowish-brown
spines. Flowers come at night, and are up to 30 cm long with green outside
and white inside. Fruits are edible berries and ripen scarlet to bright red.
[上] オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、
2006年01月21日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1・中2] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年01月06日撮影。
[下] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年01月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp