やぶまめ (藪豆)

Amphicarpaea bractaeta ssp. edgeworthii var. japonica

Amphicarpaea bractaeta ssp. edgeworthii var. japonica

Amphicarpaea bractaeta ssp. edgeworthii var. japonica

Amphicarpaea bractaeta ssp. edgeworthii var. japonica

Amphicarpaea bractaeta ssp. edgeworthii var. japonica

Amphicarpaea bractaeta ssp. edgeworthii var. japonica

Amphicarpaea bractaeta ssp. edgeworthii var. japonica

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。野原
や林縁に生え、ほかの草などに絡みついて伸びます。葉は広卵形の
3小葉で、両面に毛が生えています。9月から10月ごろ、葉腋から総
状花序をだし、淡紫色の蝶形花を咲かせます。また地下茎にも閉鎖
花と呼ばれる花をつけます。地上と地中の両方に果実をつける、変
わった性質のマメ科植物です。この豆果は食用にされます。
マメ科ヤブマメ属の一年草で、学名は Amphicarpaea bractaeta ssp.
edgeworthii var. japonica。英名はありません。
"Yabu-mame" (Amphicarpaea bractaeta ssp. edgeworthii var. japonica)
belongs to the Fabaceae (the Pea family). It is an annual herb that is
distributed throughout Japan, the Korean Peninsula and China. This herb
grows in fields or forest edges, and entwines itself around adjascent other
plants. The leaves are trifoliate with broad ovate leaflets, and covered with
hairs on the both sides. The racemes are borne at the axils and the pale
purple papilionacenous flowers bloom from September to October. Also
the cleistogamous flowers bloom at the underground rhizomes. The legume
plant has curious nature and bears its fruits both on earth and underground.
The seed pods are used as food.
[上] 奈良県御所市関屋「金剛山」にて、2006年09月05日撮影。
[中1・中4] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年10月12日撮影。
[中2] 長野県伊那市西箕輪与地にて、2006年09月21日撮影。
[中3] 奈良県御所市櫛羅「葛城山」にて、2005年10月13日撮影。
[中5・下] 新潟県湯沢町三俣にて、2010年09月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp