やまあわ (山粟)

Calamagrostis epigeios

Calamagrostis epigeios

Calamagrostis epigeios

Calamagrostis epigeios

Calamagrostis epigeios

Calamagrostis epigeios

Calamagrostis epigeios

Calamagrostis epigeios

Calamagrostis epigeios

Calamagrostis epigeios

わが国の各地をはじめ、北半球の温帯地域に広く分布しています。平地から山地の草原や湿地に生え、桿の高さは60〜150センチになります。葉は線形で長さが20〜50センチあり、両面がざらつきます。7月から9月ごろ、茎頂に直立した円錐花序をだし、やや紫褐色を帯びた淡緑色の小穂をつけます。名前は、花序のかたちが「あわ」に似て山地にも生えることから。
イネ科ノガリヤス属の多年草で、学名は Calamagrostis epigeios。
英名は Chee reedgrass。
Chee reedgrass belongs to the Poaceae (the Grass family). It is a perennial herb that is distributed widely, all over Japan and the temperate areas of Northern Hemisphere. This herb grows in grasslands and marshes, and can reach 60-150 cm in height. The leaves are linear 20-50 cm long and textured. The erect panicles are borne on the stem apecis and bloom pale yellow spikelets which tinged purplish-brown.
[上・中2・中5・下] 長野県筑北村坂井入山沢にて、
2006年08月01日撮影。
[中1] 大阪府四条畷市逢阪「むろいけ園地」にて、
2006年07月15日撮影。
[中3・中4] 茨城県神栖市矢田部にて、2007年07月12日撮影。
[中8] 同上にて、2008年07月09日撮影。
[中6・中7] 茨城県神栖市「波崎海岸」にて、2008年07月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp