やまもみじ (山紅葉)

Acer amoenum var. matsumurae

Acer amoenum var. matsumurae

Acer amoenum var. matsumurae

Acer amoenum var. matsumurae

Acer amoenum var. matsumurae

Acer amoenum var. matsumurae

Acer amoenum var. matsumurae

Acer amoenum var. matsumurae

Acer amoenum var. matsumurae

Acer amoenum var. matsumurae

Acer amoenum var. matsumurae

Acer amoenum var. matsumurae

Acer amoenum var. matsumurae

わが国の本州、福井県以北の日本海側に分布しています。山地や谷沿いに生え、高さは15メートルほどになります。樹皮は緑色を帯びた暗褐色で、滑らかです。葉は5〜9裂して重鋸歯があり、中央の裂片がやや長くなります。5月ごろ、枝先に雌花と雄花が混じって咲きます。果実は10月に熟します。鋸歯が不揃いで欠刻状なのが特徴です。 
カエデ科カエデ属の落葉高木で、学名は Acer amoenum var. matsumurae。英名は Matsumurae maple。 
Matsumurae maple (Acer amoenum var. matsumurae) belongs to the Aceraceae (the Maple family). It is a tall deciduous tree that is native to Japan and distributed from Fukui prefecture northward along the Japan Sea side of Honshu. This tree occurs in dales and mountainous areas and can reach about 15 m in height. The bark is smooth and dark brown tinged with green. Leaves are palmately compound with 5-9 leaflets and duplicato-serratus edges. The central leaflet is longer than others. Female and male flowers bloom together on terminal twigs in May. The fruits ripen in October. They are characterized by irregular and indented serration. (edit by Greg Brockelbank) 
[上・中1〜2] 長野県塩尻市片丘にて、2007年07月11日撮影。
[中3] 大阪府交野市「ほしだ園地」にて、2006年11月02日撮影。
[中4] 岐阜県高山市荘川町野々俣にて、2004年10月30日撮影。
[中5] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年11月30日撮影。
[中6・中8] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年01月12日撮影。
[中7] 群馬県富士見村「赤城山」にて、2008年04月27日撮影。
[中9〜中11] 茨城県桜川市「足尾山」にて、2013年11月24日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2016年04月04日撮影。{photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp