やなぎざくら (柳桜)

Exochorda serratifolia

Exochorda serratifolia

Exochorda serratifolia

Exochorda serratifolia

Exochorda serratifolia

中国の東北部と朝鮮半島に分布しています。わが国へは明治の末
に渡来しました。倒披針形または長楕円形の葉は互生します。4月
から5月ごろ、白色の花を咲かせます。果実は10月に熟し、種子に
は翼があります。
バラ科ヤナギザクラ属の落葉低木で、学名は Exochorda serratifolia。
英名は Pearlbush。
Pearlbush belongs to Rosaceae (Rose family). It is a deciduous small tree
that is native to north-eastern China and Korean Peninsula. This tree was
introduced into Japan in the last days of Meiji Era (about 100 years ago).
The leaves are oblanceolate to oblong and alternate. The white flowers
come in April to May. The fruits ripen in October and the seeds have wings.
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年03月26日撮影。
[中2・中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年04月09日撮影。
[下] 同上にて、2002年04月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp