やまねこのめそう (山猫の目草)

Chrysosplenium japonicum

Chrysosplenium japonicum

Chrysosplenium japonicum

Chrysosplenium japonicum

Chrysosplenium japonicum

Chrysosplenium japonicum

Chrysosplenium japonicum

Chrysosplenium japonicum

Chrysosplenium japonicum

Chrysosplenium japonicum

Chrysosplenium japonicum

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国東北部に分布しています。やや湿り気のある林の中に生え、高さは10〜15センチになります。葉は腎円形で互生します。3月から4月ごろ、淡緑色の花を咲かせます。刮ハは洋杯形で、「ねこ」の瞳を連想させます。名前は、山に生える「ねこのめそう(猫の目草)」から。
ユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草で、学名は Chrysosplenium japonicum。英名はありません。
"Yama-nekonome-so" (Chrysosplenium japonicum) belongs to Saxifragaceae (the Saxifrage family). It is a perennial herb that is distributed to all over Japan, the Korean Peninsula and north-eastern China. This herb grows in wettish forests and can reach 10-15 cm in height. The leaves are reniform-round and arranged in alternate. The pale green flowers bloom from March to April. The capsules are glass-shaped and are reminded of cat's eyes.
[上・中1] 大阪府四条畷市「むろいけ園地」にて、
2006年04月16日撮影。
[中2] 愛知県豊田市足助町「飯盛山」にて、2005年04月03日撮影。
[中3] 愛知県旭町須渕にて、2005年04月02日撮影。
[中4] 奈良県御所市関谷「金剛山」にて、2006年04月14日撮影。
[中5・中6] 千葉県香取市府馬にて、2010年02月23日撮影。
[中7・中8] 同上にて、2010年04月01日撮影。
[中9・下] 同上にて、2012年04月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp