やのねぐさ (矢の根草)

Persicaria nipponensis

Persicaria nipponensis

Persicaria nipponensis

Persicaria nipponensis

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国の東北部に分布していま
す。水辺や湿地に生え、高さは50センチほどになります。茎の下部
は地面を這い、下向きの小さな棘があります。葉は卵形から広披針
形で先が尖り、互生します。9月から10月ごろ、枝先に上部が紅色
で下部が白色の花を咲かせます。名前は、葉の形を鏃に見立てたも
の。
タデ科イヌタデ属の多年草で、学名は Persicaria nipponensis。
英名はありません。
[上・下] 大阪府四条畷市逢阪「むろいけ園地」にて、
2006年10月10日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2003年10月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp