やなぎらん (柳蘭)

Chamaenerion angustifolium

Chamaenerion angustifolium

Chamaenerion angustifolium

Chamaenerion angustifolium

Chamaenerion angustifolium

Chamaenerion angustifolium

Chamaenerion angustifolium

Chamaenerion angustifolium

Chamaenerion angustifolium

Chamaenerion angustifolium

Chamaenerion angustifolium

Chamaenerion angustifolium

Chamaenerion angustifolium

Chamaenerion angustifolium

わが国の本州、中部地方以北から北海道、それに北半球の温帯から亜寒帯に広く分布しています。高原の草地などに生え、高さは1〜1.5メートルになります。葉は長披針形で互生し、先端は尾状に尖ります。7月から8月ごろ、茎の先に大きな総状花序をだし、紅紫色の花を咲かせます。名前は、葉が「やなぎ」に、花が「らん」に似ることから。
アカバナ科ヤナギラン属の多年草で、学名は Chamaenerion angustifolium。英名は Common fireweed。
Common fireweed (Chamaenerion angustifolium) belongs to the family Onagraceae (the Evening primrose family). It is a perennial herb that is distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido, as well as the temperate to subarctic regions of Northern Hemisphere. This herb grows in upland grasslands and can reach 1-1.5 m in height. The leaves are long-lanceolate and alternate with caudal tips. The large racemes are borne on the stem apices and bloom magenta flowers from July to August.
[上・中1・中5] 長野県白馬村北城「八方尾根」にて、
2006年08月25日撮影。
[中2] スイス・ベルン州マイリンゲンにて、2002年07月15日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中3] アメリカ・ワシントン州「レーニエ山国立公園」にて、
2001年09月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] 同上にて、2001年09月11日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中6・中7] 群馬県六合村入山「野反湖」にて、
2008年07月26日撮影。
[中8・中9] 長野県山ノ内町平床にて、2010年07月25日撮影。
[中10] 長野県山ノ内町「東館山高山植物園」にて、
2010年07月25日撮影。
[中11] アメリカ・コロラド州テルユライド町にて、
2010年07月07日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中12・下] 同上にて、2010年07月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp