やなぎばるいらそう (柳葉るいら草)

Ruellia brittoniana

Ruellia brittoniana

Ruellia brittoniana

Ruellia brittoniana

Ruellia brittoniana

Ruellia brittoniana

Ruellia brittoniana

Ruellia brittoniana

Ruellia brittoniana

Ruellia brittoniana

Ruellia brittoniana

Ruellia brittoniana

Ruellia brittoniana

メキシコが原産です。今ではアメリカの南西部に広く帰化していま
す。高さは90センチほどになり、線形から披針形の葉は対生しま
す。葉の縁には鋸歯があり、紫色の葉脈が浮き出ます。春から晩秋
まで、葉腋から花茎をだして、紫色または青色の花を咲かせます。
キツネノマゴ科ルイラソウ属の常緑小低木で、学名は Ruellia
brittoniana。英名は Common ruellia。
Common ruellia belongs to the Acanthaceae (the Acanthus family). It is an
evergreen shrub that is native to Mexico. Nowadays, it is naturalized
widely in south-western United States. This shrub can reach about 90 cm
in height, and the linear to lanceolate leaves are opposite, The leaves have
toothed edges and standing out purple veins. The flowering stalks are
borne in the axils and the purple to blue flowers bloom from spring to late
fall.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年08月19日撮影。
[中2] 同上にて、2004年10月11日撮影。
[中3] 同上にて、2005年08月10日撮影。
[中4・中7] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年10月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9・中10] 同上にて、2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2006年01月06日撮影。
(photo by Jouette Suehiro)
[中6] 同上にて、2006年09月24日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中11] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・テキサス州オースティン市にて、
2008年08月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp