やぶたびらこ (藪田平子)

Lapsana humilis

Lapsana humilis

Lapsana humilis

Lapsana humilis

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。水田の畦などのやや湿ったところに生え、高さは20〜30センチになります。軟らかい葉は根本からでて羽状に深裂し、やや立ち上がります。斜上する茎は分枝します。4月から6月ごろ、枝先の花序に黄色い花を咲かせます。「こおにたびらこ」に似ていますが、舌状花が多く18〜20個ほどあります。
キク科ヤブタビラコ属の一年草で、学名は Lapsana humilis。
英名はありません。
"Yabu-tabirako" (Lapsana humilis) belongs to Asteraceae (the Aster family). It is an annual herb that is native to Japan, also the Korean Penisula and China. This herb grows in witish places, such as rice field linches and can reach 20-30 cm in height. The stems are scendent and much-branched. The leaves are pinnatipartite and rise up. The corymbs are borne on the stalks and bloom yellow flower-heads from April to June. They are defined by having 18-20 ray flowers.
千葉県旭市「万歳自然公園」にて、2012年04月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp