やなぎたで (柳蓼)

Persicaria hydropiper

Persicaria hydropiper

Persicaria hydropiper

Persicaria hydropiper

Persicaria hydropiper

わが国の各地をはじめ、北半球に広く分布しています。水辺の湿地
などに生え、高さは30〜80センチになります。葉は披針形から長卵
形で互生します。7月から10月ごろ、茎頂や葉腋から花序をだし、淡
紅色を帯びた白色の花を咲かせます。「ぼんとくたで」に似ています
が、葉の表面に黒斑がありません。葉には辛味があり、若芽は刺身
のつまやタデ酢などに利用されます。
タデ科イヌタデ属の一年草で、学名は Persicaria hydropiper(syn.
Polygonum hydropiper)。英名は Smartweed。
Smartweed belongs to Polygonaceae (Knotweed family). It is an annual
herb that is distributed widely in Northern Hemisphere. This herb occurs in
water's edges and can reach 30-80 cm in height. The leaves are lanceolate
to long-ovate and alternate. The leaves have not black mottles on the
surfaces. The clusters are borne on the stem apices or axiles and bloom
pale rose-pink to white flowers from July to October. The leaves are
pungency and the young shoots are used for garnishes of sashimi.
[上・中1] 長野県伊那市高遠町「高遠湖」にて、
2006年09月22日撮影。
[中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年09月29日撮影。
[中3] 同上にて、2007年09月25日撮影。
[下] 同上にて、2005年09月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp